矯正歯科・審美歯科smileconcept オフィシャルブログ

矯正歯科・審美歯科センター スマイルコンセプトのスタッフによるデンタルブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フロス♪
おはようございます☆(*^^)v
歯科衛生士の印南です。
遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

本日は『デンタルフロス』の使い方についてお話ししようと思います。
フロスをする意味。。。
歯ブラシでブラッシングするだけでは、歯垢の50%~70%程度までしか除去できないといわれていますが、
デンタルフロスを使うことで、90%程度まで歯垢の除去率を高めることができるため、虫歯・歯周病をはじめとする口内疾病を防ぐ効果があるとされています。

★種類★

・糸巻き(ホール)型
→フロスを糸巻きで束ねたもの。
使用ごとにフロスを伸ばして、適度な長さに切り、環状にしたり指に巻いて使用する。

・ホルダー型→専用の柄にフロスを取りつけているタイプ。フロストホルダーが単一でセットで販売されているもの、歯石除去用のピックが付くもの、糸巻き型を内蔵しているものもある。

・ワックス付き→歯と歯の間に入れやすいよう、繊維を滑りをよくした物。使わないものはノンワックス、アンワックスと呼ばれ、歯垢除去効果の効率化を目的としている。

★使用方法★
1.デンタルフロスを40~50cmくらいの長さに切り取る
2.両端を親指と中指で持ち、右手中指に3回ぐらい、残りを左手中指に巻きつける
3.両手の中指のあいだが10cmくらいのところで巻きつけるのをやめ、人差し指と親指で糸をつまむ。その際、つまんだ指先と指先のあいだが1.5~2cmぐらいになるように調整する
4.人差し指と親指を使ってキコキコとのこぎりのように動かしながら、デンタルフロスを歯と歯の間にゆっくり挿入する。
5.歯と歯がきつく接している箇所を通過したら、デンタルフロスを片側の面にピッタリ当てながら歯ぐきの下1-2mmのところまで入れる
6.デンタルフロスが「C」型になるようにして歯を包み込み、デンタルフロスを上下に何度か移動させる
7.挿入のときと同じくゆっくりと隣接面を通過させて、デンタルフロスをはずす

★注意点★
・フロスを歯茎の下に入れる際はゆっくりと力を加えずに入れてください。(歯茎に傷をつけてしまいます)

歯と歯の間はとても虫歯になりやすいところなので、しっかりと予防していきたいですね!
フロスはめんどくさい...と思われがちですが、慣れると短時間で簡単に出来るので、
まずは時間のある日から初めてみてください(*^。^*)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。