FC2ブログ

矯正歯科・審美歯科smileconcept オフィシャルブログ

矯正歯科・審美歯科センター スマイルコンセプトのスタッフによるデンタルブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
機能的にすぐれているものは、美しい!!
矯正歯科・審美歯科センター Y.kiji です。

私が良く使うフレーズです。


「機能的に優れているものは、美しい!」


よく切れるはさみが美しい形をしているように、歯や歯並び、口元の美しさも「機能美」です。


かみ合わせが良いということは、結果的に見た目も美しくなります。噛む機能と美しさの両方を備えた歯並びが、体にとって最良です。

機能的に優れているものは美しいとは、各デザインの世界でよく聞かれる言葉ですが、これは車や建築、ファッションなどに限った話ではありません。

「機能美」という言葉は、人間にも当てはまります。  

たとえば、一流アスリートの肉体は逞しく、しなやかで、洗練された美しさを感じさせます。

これは、彼らの体が「動く」という機能を極限まで高めた結果、「美しい肉体」に到達したからです。


これと同じことが、私たちの歯についても言えます。  

歯の機能とは、言うまでもなく「よく噛めること」や「正しく発音できること」です。

もし上下の噛み合わせがズレていると、食物をよく噛み切ることができず、またあごの関節にも問題生じたり、発音が不明瞭になってしまいます。

歯磨きも難しくなり、虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。  

歯並びの美しい歯は、必然的によく噛めて明瞭に発音できる歯ということになります。

ただし、歯並び,すなわち歯の位置だけが良いだけでは、機能的に優れているとはいえません。

加えて機能的な歯の形態、健康な歯ぐきや顎の骨、健康なあごの関節があってこそ、真の機能美と呼べるのです。

その結果、すばらしい笑顔、スマイルを手に入れることが出来ます。


歯の「機能的な側面」と「審美的な側面」の両方に焦点を当てた総合的な歯科医療が、「審美歯科・矯正歯科」です。

最後に私の歯科医師人生を大きく変えた(大げさか 笑) 尊敬するパスカル・マニエ先生のレクチャーをご覧ください。

(患者様には難しいと思いますが、何となく理解出来ると思います。業界の方(歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士)勉強になりますよ~~。)

お勉強したい方は、ロスまで飛びましょう 笑!!私までご一報下さい。


生体には、それぞれ機能があり、そしてその組成にも理由があります。

歯の表面のエナメル質には、エナメル質の機能や適した組成、その下の象牙質にもその与えられた機能や組成があります。

また歯並びには、歯並びの機能があります。

生体に適した歯科治療を選択しないと歯の寿命を大幅に短縮してしまいます。

昔から行われている治療がすべて悪い訳では御座いませんが、現代ではあまり選択されない方が賢明という治療も多く存在します。


皆さま 生体に適した歯科治療を受けて下さいね!


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。