FC2ブログ

矯正歯科・審美歯科smileconcept オフィシャルブログ

矯正歯科・審美歯科センター スマイルコンセプトのスタッフによるデンタルブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
幼児期の歯並び
こんばんは☆今回は幼児期の歯並びについてお話します。
一般的に、乳歯は生後6~8か月頃に生え始め、2歳半~3歳頃に生え揃います。1歳頃には上下前歯4本ずつ生え、前歯での噛み合わせができてきますが、奥歯はまだ生えていないため、この時期は「歯ぎしり」や「おもちゃがみ」をみることがありますが、これらは前歯でのかみ具合を確かめるための行為とも考えられます。食べ物を前歯でかみとり、一口量の調節を覚えていく時期でもあるそうです。
最初の奥歯(第一乳臼歯)は1歳すぎに生え始め、1歳6か月頃には上下で噛み合うようになります。2歳すぎには第二乳臼歯が生え始め、3歳頃にはしっかり噛み合うようになります。乳歯の歯並びが完成すると奥歯の噛み合わせが安定して、咀嚼力も増して、大人の食事に近い食べ物がとれるようになります。
また次回幼児期の歯について書きますね。
では、今回はこのへんで(^^)
衛生士 下田
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。