FC2ブログ

矯正歯科・審美歯科smileconcept オフィシャルブログ

矯正歯科・審美歯科センター スマイルコンセプトのスタッフによるデンタルブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
妊娠中の口の中
こんばんわ!歯科衛生士の大山です(^^)

暑い日が続きますが、体調を崩されたりしていませんか?

最近、私の友達が妊婦さんになったので今日は妊娠中のお口の中についてお話しようと思います!

妊娠中のお口の中の変化

どんな風に変化するの?

歯ぐきの炎症が起こりやすくなります。歯ぐきが赤くなったり、ブヨブヨしてきたり、ちょっとしたことで出血すれば要注意。出産すれば元の状態に戻ることもありますし、そのまま歯周病に移行してしまう場合もあります。

虫歯が増える?

初期から中期頃まではつわりの程度にもよりますが、歯ブラシがお口に入れられずにどうしても歯磨きがおろそかになってしまった結果と考えられます。またどんどんお腹も大きくなって日常の動作もゆっくりノロノロしたものになると歯磨きも手を抜きがちになります。
唾液も少なからず変わります。普通のときに比べてネバネバしたり、酸性に傾いていることも多くなり、これも虫歯になりやすい条件です。お母さんの歯からカルシウムが抜け出すことはありません。胃が圧迫されるようになると1回の食事量が多く取りにくくなります。ついつい間食も多くなりがち。食事に比べると簡単に食べられるもの、つまり、糖分の多いものや歯にべったり付着するものになります。こういう食べ物は虫歯を作りやすいです。

歯ぐきにできものが出来やすいの?

妊娠性エプーリスができやすくなります。エプーリスというのは歯ぐきに出来る良質のできものです。誰にでもできるのですが、妊娠中によく発生することがあります。分娩すると小さくなったり、自然になくなりますので心配ありません。

つづく…
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。