矯正歯科・審美歯科smileconcept オフィシャルブログ

矯正歯科・審美歯科センター スマイルコンセプトのスタッフによるデンタルブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
NYU in Rumania
矯正歯科・審美歯科 担当Dr.naomiです。
ここのところ、夏真っ盛りなお天気に戻り、暑い日々が続いていますね。
ルーマニアは、涼しかったな~。

先週、スマイルコンセプトは夏休みを頂き、Dr.Y+Nで、NYUコースに参加してきました。
今回は、なんとルーマニアのブカレスト大学で、サイナスリフトという手術を行ってきました。
サイナスとは、上あごにある空洞で、上顎洞のことです。上顎洞は、上あごの小臼歯から大臼歯にかけて大きくなっています。
上の大臼歯の歯根は、上顎洞に入り込んでいることが多く、矯正治療で上顎の大臼歯を前後に動かしづらい理由がここにあります。
また、歯を失った または 歯がない 場合に、インプラントを植えるための骨の高さ(量)が不足することが多い部位でもあります。
そのような場合に、上顎洞の底の部分に骨を造成し、インプラントを植立出来る状態にする手術をサイナスリフトといいます。

なぜNYUのコースでルーマニア??
アメリカでは日本のライセンスで患者様に対して治療はできませんが、ルーマニアでは可能なため、実際の患者様に対して手術を実践することができるのです。
もちろん、ブカレスト大学口腔外科の講師陣が、1人1人付いて行いますので、麻酔から縫合まで、細かな指示が与えられます。

特に私が受け持ったケースは、サイナスリフトと同時に破折インプラントの除去 というレアなケースだったため、歯肉の切開線から縫合まで細かくチェックしていただきました。
他のケースも幾つか見学出来たのですが、ブカレスト大学の先生は、とっても几帳面で繊細な指導で、感服しました。

海外でサイナスリフトの手術なんて、なかなか経験できるものではありません。
大学を卒業してまもなく20年を迎えますが(!!)、いい経験をさせていただきました。

Special thanks!
Dr.Palti and Dr.Mihaii
スポンサーサイト
正中離開2
こんにちは、スマイルコンセプト 矯正歯科・審美歯科 担当 Dr. naomiです。
6月に正中離開について書かせて頂きましたが、今回の正中離開は、ラミネートベニアでの治療です。

この患者様は、3年ほど前に、正中離開の隙間をコンポジットレジンをダイレクトボンディング法でカモフラージュ治療を受けられたそうです。

ラミネート1
ラミネート2

歯の切縁部分はなんとか閉じることができたのですが、歯の根元の部分に三角形の隙間が開いていることと、コンポジットレジンの色が黄色くなってきたことが気になるそうです。
そこで、コンポジットレジンを外し、ラミネートベニアで歯の形態 ならびに 色 質感 透明度 などを修正することになりました。

コンポジットレジンを外すと、かなりの隙間があります。
ラミネート3
ラミネート4

0.3mmほどエナメル質を磨き、歯茎の中0.5mmまでの部分の型を採り、ラミネートベニアを作成しました。
この正中離開と歯の根元の三角の隙間を閉じるためには、両隣の歯の根と根の間の距離、歯の周囲の骨の高さからコンタクトポイント(両隣の歯がくっついているところ)までの高さ、コンタクトポイントから歯ぐきに向かっての歯の形態など、幾つかのポイントがあります。

この患者様の場合、矯正で両隣の歯の間の距離を狭くする治療が、時間的に困難だったため、ラミネートべニアのみで試みました。

その結果、
ラミネート5
ラミネート6
なんとか、自然な感じで仕上げることが出来ました。



前回の小帯切除+矯正治療、今回のラミネートべニアでのカモフラージュ、どちらにするかは治療方法、期間、費用 等、メリット・デメリットがありますので、ぜひご相談ください。

お疲れさまです。
今晩は技工士の村上です。

この度は東北大震災で被災された方、そしてご遺族の方、心よりお見舞い申し上げます。


スマコンに入社してから初めて他院にかかりました!!治療を受けたのは私ではなく、娘でしたが、私が目を離した隙に椅子からダイブしてしまい顔を強打してしまい、生えてきたばかりの下の歯が心配で休日救急をやっている医院に行ってきたのです。そこで治療の付き添いは妻にまかせ、私は歯科医院を物色していました。そこでいまや歯科医院でも普通に使われている『インフォームドコンセント』に目が止まりいまやどこの歯科医院でもやっている事だとしりました。

スマコンではいち早く『インフォームドコンセント』を取り入れてきました。そしてこれを基本とし患者様に治療だけでなく、常にスタッフが+αを考えて日々診療をしています。明日はより良くするためのミーティングがあります。良い話し合いなるといいと思います。





審美セミナー
先週の金曜日に東日本巨大地震がありました。
本当に大きい損害を各地が受けたと思います。

ここ最近は被災地での映像などがTVで多く流れていますが、
本当に心を痛めます。同じ日本でこのような事が
起きてるということがただただショックでなりません。

被災地では皆さん頑張ってるのに自分は何も出来ず、
本当に無力だなと感じますし、命を大切にしなければいけないな
と改めて深く感じました。


話は全く変わりますが、先週の日曜日に審美セミナーに行ってきました。
1番勉強になり、楽しかったのがPMTCの講演でした。

私が考えていたPMTCと演者の方が言っていたPMTCが全く違って本当に衝撃でした。

演者の方はPMTCとは審美目的ではなく、患者様がホームケアで努力しても届かない
キーリスク部位のリスクを取り除くことが目的で虫歯や歯周病のリスクを予測し、必要に応じて行う
予防処置とおっしゃっていました。
私は、PMTCは予防は予防でも独立して考えていたので、考えを一変させられ本当に有意義な
講演内容でした。




衛生士 東田
ホワイトニングコーディネーター
最近、徐々に暖かくなってきて春が近付いてますね(o^^o)
早く寒いのを抜けてもらいたいものです!!



私事ですが来週から有給を頂いて南国の島のハワイ
に行ってきます(^O^)/もう楽しみでしょうがないです♪
長期で行くのでスタッフさんには迷惑をかけてしまいますが・・・


それでハワイから帰ってきたらホワイトニングコーディネーターの申請をするため
講習会に行ってきます。


興味深い内容が多かったのでとてもいい勉強になりそうです☆
また講習会終わったら内容についてや感想をUPしたいと思います(^O^)/(^з^)-☆





衛生士 東田
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。